人とロボットの協働作業 - 箱詰めアプリケーション

印刷物の箱詰めを自動化するアプリケーションです。

この工程では、印刷機から排出されるワークの整理、帯掛け、箱詰め、梱包と複数人が工程に入っており、人員配置や急な休暇対応に苦慮されていました。
設備のレイアウト上、スペースもなく大幅なレイアウト変更も出来ないため、なんとか生産能力を落とさずに1名で対応にできないかというご要望でした。
工程をヒアリングした結果、工程間に待ちが発生していたことが分かったため、印刷機から排出されるワークの整理のみ人が担当し、帯掛け後の箱詰めは協働ロボットとロータリーシリンダで代用することにしました。
これにより従来のタクトを維持したまま、省人化が可能となりました。
今回は既存設備に手を加えず、設置するだけで稼動できることを目指したためロボットのスタートは手動操作としました。
帯掛け機からの信号を活用することにより帯掛けからロボット稼働までを自動化することも可能です。
※こちらのアプリケーションは株式会社ホッカツ様にご協力いただきました。